どうやってお手入れする!?機械式時計について

毎日使うのがお手入れにつながる

機械式時計は毎日使うのがおすすめなんです。常に動くことによって潤滑油がなじんで長持ちしますよ。また、時計の裏についているシールははがしておくのがおすすめです。シールをつけたまま毎日使っていると、汚れや汗などがシールと時計のすき間にたまってしまうことがあります。このような状態のまま使っているとステンレスでもさびてしまうことがありますよ。そのため、時計を長持ちさせならシールをはがして毎日利用しましょう。

使った後は綺麗にする

機械式時計を一日着けているとタバコや皮脂、汗によって汚れてしまいますよね。そのため、使った後は布などで拭いて綺麗にしましょう。ベゼルなどはやわらかい歯ブラシを使うとよいですよ。防水機能があるモデルならば、ぬるま湯で掃除するのもおすすめです。とくに海に行った場合は、塩分が時計に残ってしまうのでぬるま湯で掃除するのは重要なんです。時計に傷がついているならば、ワックスの効果もあるので研磨剤を使いましょう。

保管方法にもこだわる

ホコリや落下の衝撃、湿気などは時計の天敵です。そこで大事な時計を守るためにも保管ケースを用意しておきましょう。自動巻きのモデル日付や時刻合わせをしなくてもすむように、内部の回転によってゼンマイを自動で巻くワインダーがおすすめですよ。ワインダーがないという場合でも2ヵ月程度ならば潤滑油も硬くならないので、劣化してしまう心配はないです。日によって誤差にバラツキがあるならば故障している可能性があるので調べてもらいましょう。

ウブロはブランド名の通り舷窓のようなビスで留めたベゼルやラグのない重厚なケースが特徴的な高級時計ブランドです。